看護師の転職体験記と仕事のあれこれ

看護師ねこりんご

【転職体験記3】日本看護協会のeナースセンターで求人検索!都道府県の看護協会に求人情報を見に行ってみた

投稿日:2017年12月7日 更新日:

私たち看護師が実はお世話になっているのが、日本看護協会。

 

何だかんだいって毎年まずまずの協会費を収めてます。

 

ご存知でしたか?日本看護協会の本部はなんと東京の表参道にあるんですよ(雑談)

 

「eナースセンター(イーナースセンター)」っていう日本看護協会のページで全国の求人がみられますよね?

 

私もeナースセンターで求人検索してみましたが、私の住む都道府県の看護協会が近所にあるので、求人情報を見に看護協会へ行ってみました!

 

都道府県の看護協会に行ってみた!

事務所には人の良さそうなおばさまが何人かいました。

 

転職を考えていることを伝えると、パソコンが置いてある個人ブースのようなところに案内され、まずは今の働いている病院などの現在の情報と個人登録が必要でした。

 

転職しようかと思っていることを担当の方に伝えると、

「○○病院辞めるなんてもったいない!今の職場からの移動とかはできないの?」

 

から始まり、転職の難しさやジレンマを教えてくれました。

 

病院の体制や看護部の考え方はやっぱり公立の病院と個人病院だと違う、ギャップに耐えきれないことも多々ある、衛生材料の使いまわしとか、時代遅れな治療や看護をしていたりとか・・・。

 

その当時勤めていた病院の何を不満と思っているのか、どうしたら転職せずに済むのか、何を求めて転職しようとしているのかなど、考えさせてくれました。

 

看護師の大先輩が親身に相談にのってくれた

相談にのってくれた方は、元々どこかの看護部長さんクラスの方だったとか。

 

臨床現場のことをよくわかっていて、30代前後の看護師が教育や委員会、職場での期待などのプレッシャーがかかっていることをよくご存じでした。心にグサッとくるような的確なアドバイスをしてくれました。

 

求人情報を見に来たはずが、話しているうちに仕事での悩み相談になってしまったけど、すごく親身に話を聞いてくれました。

 

「どうしても辞めるっていうなら、仕事先探すのはいつでも手伝うわ。家も近くなんだから、またいつでも来なさいね」って言ってくれました。

 

転職前に、看護師の大先輩に話を聞いてもらえてことはすごく考えさせられました。ついでに合同説明会っていうイベントがあることも教えてもらえました。まるで学校の保健室の先生のような感じ。

 

まとめ

eナースセンターに登録すると、求人情報検索もできるし、病院への連絡も代行してくれたり、求人元からコンタクトっていう仕事のお誘いも来たり、転職サイトよりも看護協会っていう大きな組織なので、なんとなく安心できます(しつこい勧誘もなしいですし)

 

たまには住んでいる都道府県の看護協会サイトを見てみるのもおすすめです。

-転職体験記

Copyright© 看護師ねこりんご , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.