【まだ使ってないの?】看護師の必需品!ポケットに入れておくべき2つのアイテム

投稿日:2018年2月18日 更新日:

看護師のポケットの中にはその人なりの必需品がそろってます。

あなたは日ごろ、どんなナースグッズを使っていますか?

今回は、私がおススメするポケットに入れておきたい2つのアイテムをご紹介します。

 

コッヘル(有鉤)

まず1つ目はコッヘル(有鉤)です。

コッヘルはポケットに入れておくと、案外役に立つことがあるんです!

 

「点滴のつなぎ替えの時にルートをはさむ」

点滴をつなぎかえるときに、三方活栓やプラグ・クレンメがついていないときってありますよね。指でラインを折り曲げて流れを阻止して接続を変えるのもありですが、片手が塞がれて大変な目にあったってことも。そんな時は、コッヘルでラインと挟んでしまえは両手が使えて楽に作業ができますよ。

 

 

「どうしても取れない三方活栓の接続をとる」

三方活栓ってとりたいときに強固についていて、どんなにねじっても取れない時ってありますよね。指先が赤くなって三方活栓の跡がついたりするほど一生懸命に取ろうと思っても動かない三方活栓のねじの部分。

 

そこでコッヘルの登場です。コッヘルを三方活栓のねじの部分にはさんで回せば簡単に外すことができるんです。ぜひ一度お試しください!

 

 

「真田紐の結び目ほどき」

なかなか頻度は少ないかもしれませんが、真田紐の結び目をほどくのにもコッヘルは使えます!

 

真田紐といえば、気管切開の患者さんのカニューレの固定にも使用しますよね。ほどけないようにぎゅうぎゅうに結んであるひもをほどくとき、指先ではなかなかほどけないとき、先の細いコッヘル(またはモスキート)を使えば簡単にほどくことができます。また、弾性包帯じゃない普通の包帯の結び目にも使えます。

 

コッヘルはAmazonなどでも市販されていますが、1本2,000円ぐらいするみたいです。そういう時は、病棟の中を探してみると、案外あるもの。点滴準備台などにひっかかってる場合もあります。

 

私は病棟の滅菌されていないコッヘルを見つけ、また数がたくさんあったので自分のポケットにいつも入れています。

 

 

 

メジャー

ポケットにいれておきたいアイテムの2つ目は、メジャーです。

 

たくさんの必需品でごった返している看護師のポケットの中ですが、メジャーを入れておくのをお勧めします。

 

瞳孔径などが載っているカードの側面に目盛りがついているタイプのものを使っている人も多いですよね。かつて手書きで検温表を書いていた時代には物差し代わりによく使っていましたが、電子カルテ化した今ではそういう使い方はしないですよね。計測するにしてもせいぜい10㎝程度です。

小さなメジャをポケットに入れるようになって、案外役立っています。

 

例えば、「褥瘡や傷のサイズをはかるとき」です。「あ!こんなところに傷がある!」って時に、傷のサイズをはかるのに役立ちます(出血や浸出液がある場合はディスポが望ましいんですが)。

 

また、経鼻栄養をしている人の栄養チューブの挿入長をはかるとき、ドレーンの挿入長をはかるときも、備品棚やナースステーションまで走らなくてもポケットから出せば間に合います。深部血栓予防の弾性ストッキングのサイズの選定にも足首・ふくらはぎ周りをはかりますよね。

 

「大は小を兼ねる」とは言いますが、やはりメジャーは使いやすいですよ!是非一つポケットに入れてみてはいかがですか?

 

【番外編:おすすめのペンライト】

最後に、番外編です。

ペンライトはたくさん売ってますが、その中でもおすすめなのが「ウェルチ・アレン」のペンライト

 

ウェルチ・アレンは医療機器メーカーで耳鼻鏡などが有名ですよね。そのウェルチ・アレンのペンライトがめっちゃ使いやすいんですよ。

 

真鍮製のフレームが適度な重みで手ぶれを防いでくれるようです。また光量も申し分なくぼやっとしていないので、瞳孔を観察するときも暗いところ・手元を照らす時もバッチリなんです。

 

電池も単四電池2本なので、予備のストックも簡単。ペンライトの中にはボタン電池のものもありますから。

 

知り合いのフライトドクターもお気に入りの一品だそうで、わざわざフレームに名前を彫ってもらったとか。少し値段は高いですが、耐衝撃性にも優れているので長く使うことができます。是非一度ウェルチ・アレンのペンライト、お試しください。おすすめです。

-看護師あるある

          

関連記事

【お金の話】年収500万円やお祝い金制度について考えてみた

看護師の転職サイトでは、年収が500万円以上やお祝い金が給付される求人がチラホラありますよね? そこで今回は、お金の話について考えてみました。   Contents1 年収500万円って高収 …

【なぜ夜勤明けで食べ過ぎてしまうの?】太る2つの原因と太らないために気を付けたい4つのこと

看護師なら経験することのある夜勤、月に4.5回は普通に勤務していますよね?   一般の生活スタイルなら寝ている時間帯に、看護師は働くことになるので、心身ともに負担がかかってしまうことも…。 …

「そうそうわかる!」と共感しちゃう看護師あるある集めてみた

今回は、看護師なら、「そうそうわかる!」と共感しちゃう看護師あるあるを集めてみました。   Contents1 夜勤中サーフローの針孔が見えない2 履いてきたはずのジーンズがきつい3 入院受 …

【看護師の仕事ってキツいよね?】私が悩まされる4つの体調不良

「看護師の仕事ってきつい!」って言われますが、私は「本当にきつい・・・」と30代にと突入してからつくづく思うようになってきました。あなたはどうですか?   そこで今回は、看護師の体調不良、名 …

看護師ならわかる『あるある』をまた集めてみた

こんにちは。現役で看護師をしている、ねこりんごです。 以前、こちらの記事で「そうそうわかる!」と共感しちゃう看護師あるある集めてみたで、看護師ならではの、あるあるネタを書きました。 今回は看護師あるあ …