看護師の転職体験記と仕事のあれこれ

看護師ねこりんご

【転職体験記10】私が数ある病院の中から転職先を決定した4つのポイントとは?

投稿日:2017年12月25日 更新日:

看護師の転職サイトに登録、合同就職説明会に参加、病院見学に4病院行き、現在の職場の病院に転職を決意した4つのポイントを振り返りました。

 

病院見学の印象

建て替え・移転後の病院は正直それだけで働くモチベーションが違いますよね。暗くて狭くて天井が狭い病棟で働くよりも、新しくて明るい開放感のある病棟の方がいいに決まってます!

 

古い病院で増築を繰り返しているような病院は、看護師の働く動線にも支障をきたしたりもします。そういう点も重視しました。

そして、案内してもらった看護次長さんの人柄と働いているスタッフの方々の雰囲気ですね。

 

看護次長さんはとても話しやすく、また話が通じる方。病院のいい面だけではなく、工夫すべき点・足りていない部分も見学の時に話してくれました。また、私の看護師経験がどのように活かすことができるか、具体的にアドバイスをくれました。

 

働いているスタッフも、険悪な雰囲気という感じではなく、患者さんへ向ける表情や会話のトーンも明るかったのが印象的。ぎくしゃくしている環境ではなさそうだということが、なんとなくですが感じることができたのが、高ポイントでした。

 

 

急性期病院でスキルアップできる

私が転職を決意して病院は、脳外科をメインに2次救急を受け入れている病院なので、救急搬送もあり、HCU・SCU病床ももつ急性期病院です(看護単位は7:1)。

 

もともと集中治療室や周手術期・救急外来に興味があったので、いつかは集中重症治療の分野にもチャレンジできる環境だっていうのは、決意した中でも優先順位高いです。

 

やっぱりやりたい仕事、自分がやりがいと感じる仕事に就きたいですもの。

 

病院の中に、苦手分野の精神科・産科がないので、そこに配属される心配もないので、いいかなと思いました。

 

お給料は悪くないので、ものすごく収入アップになるというわけではなかったけど、「お給料よりもやりたい仕事」を優先しました。

 

自宅からの通勤アクセスがいい

日勤の朝の通勤は重要です、朝起きる時間はどうか、何時には家を出ないといけないか、また通勤経路がどうかも重要です。

 

睡眠時間はたっぷりとりたい私は、通勤に時間がかかるのはパス、また通勤経路が乗り換えや待ち時間がかかるものパスでした。

 

その点、転職先に選んだ病院は電車で15分、徒歩5分という好立地、通勤電車もラッシュとは反対方面なのでそんなに込んでないというもの。

 

また、電車が止まったりした場合、最悪の場合はタクシーで行き来できる距離なのもポイント高かったですね。勤務に行く前に疲れちゃうのはもったいないです、やっぱり通勤アクセスは大切です!

 

 

既卒者や中途採用者がいること

自分と同じような境遇の人が一緒の職場にいるっていうのは心強いですよね。

 

お互い同じ悩みを共有して、支えあえるっていう人がいるにこしたことはありません。

 

私の場合は、中途採用になるので、4月入職の方々からは遅いスタートになりますが、そういう人もたくさんいて、中途採用を受け入れている経験がある病院だったことが、安心できました。

 

また病院内研修で既卒者研修っていうのが開催されているとのことで、そこで悩みごとの相談や仕事内容について話し合う機会もあるようでした。

 

中途採用者にも教育係の先輩がついてくれるっていうのも安心できる点。教育面もしっかりフォローしてくれるという期待をもって、転職先に決めました。

 

まとめ

転職先の病院選びで妥協した点ももちろんあります。

 

休日が少ないことや試用期間6か月の間は有休がないこと(6か月間は休んだら欠勤)、大幅なお給料アップではなかったことです。

 

何が自分にとってメリットかデメリットかはやっぱり自分で考えて、自分にあった職場は探さなきゃと思います。

 

以上が、私が数ある病院の中から転職先を決定した4つのポイントです。あなたの転職先の病院選びの参考に少しでもなればうれしいです。

-転職体験記

Copyright© 看護師ねこりんご , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.